toggle
2020-05-05

旅犬ドギー、遠征おさんぽデビューの地<さぬき空港公園/香川県高松市>


四国にある四つの空港の中で、唯一内陸部にあるのが香川県の高松空港。平日の空いている時間帯は、発着する飛行機を眺めながらのんびり過ごすことができる、好おさんぽスポットです。

開放感を感じることができる好おさんぽスポット


さぬきこどもの国

高松空港(香川県高松市)

香川県のみならず、四国の空の玄関口と言える「高松空港」
四国四県に一つずつ空港がある中で、唯一内陸部に位置しています。街からは少し距離があり霧などによる欠航もしばしば。元々の高松空港は市街地にあり、それらのデメリットが少なかったので県民からは不評を買っている点もありますが、南海トラフ地震が発生して海沿いにある各県の空港が着陸不能になった際に本領を発揮するのかなあと、思っています。

 

さぬきこどもの国(香川県高松市)

高松空港に隣接していくつか公園が設けられていますが、空港ターミナルから滑走路を挟んで反対側にあるのが「さぬきこどもの国」
遊具がある西側の区画と原っぱが広がっている東側の区画があり、飛行機を眺めたり犬のおさんぽをするには東側の区画が最適。

ゴールデンウイークには藤の花が見ごろ

季節の花や高松の眺め、その沖に浮かぶ島々。時折発着する飛行機を眺めながら、ゆっくり過ごすことができます。

さぬきこどもの国→https://www.sanuki.or.jp/

 

遠征おさんぽデビューの地

若い!

今でこそ全国各地へ旅をするようになったうちの旅犬ドギーですが、自宅の周り以外のおさんぽデビューはこちらさぬきこどもの国でした。

「初めて見た外の世界」
がこの景色と言うことになります。うちから車に乗ってここまで25分くらいです。

犬は悦び駆け回り…とはいかず

犬の公園ではなく、他にも公園を楽しまれている方々がいらっしゃるのでリードに繋いでいることもありますが、飛行機が発着するたびにその轟音に驚くので、静止させて写真を撮るのが大変だった記憶があります。

 

香川県に戻って来た事を感じる大きな字

ここに立って平面で見ても、なんとも思いませんが

今でも天気が良い日に、飼主の運動も兼ねてこちらへ来ることがあります。今、ドギーが立っているこの場所、

「さ」「ぬ」「き」

機内から見える大きな字。

「ぬ」の字の上に立っています

この字を目にすると「香川に帰って来たなあ」と思える、それがこちらのモニュメント。ここへ来ると、その上をおさんぽすることができます。

 

頻繁に飛来する飛行機

飛行機がやってきました

無事に着陸

車体のデザインからジェットスターさんのようです。

平常時は一日三往復運航されているジェットスター「成田-高松」線

四国を旅する方々、うちの家業であるだんらん旅人宿そらうみへ来られるような若いゲストさんの利用も多い、首都圏-香川をリーズナブルに移動することができる交通手段です。この日も大勢の旅人さんを香川へ連れてきてくれた事と思います。

令和二年(2020)5月現在、高松空港に発着している飛行機の9割以上が欠航。飛行機が頻繁に離着陸する姿はもちろん、この場所に限らず旅人さんが往来する姿を見ることはできなくなっています。

かく言う自分も、運営を行っているだんらん旅人宿そらうみを「期限を設けず臨時休業」として、新たな感染防止に努めております。世界が平和になり旅人が再び四国高松を訪れることができる日を楽しみに、今は心にゆとりを持ってドギーと過ごしたいと考えております。

 

さぬきこどもの国

 

旅の期間

平成27年5月ほか


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です