画面上部に戻る

story

そらうみ旅犬ものがたり

自動車CMで有名になった青い海の上を渡る橋<角島大橋/山口県下関市>

角島は「つのしま」と読みます。真っ青な海の上を走る道路としてあまりにも有名になりました。

日本海とは思えない陽光が降り注ぐ北長門の海

 

自動車CMで有名になった青い海の上を渡る橋

平成12年(2000)11月開通。橋の完成によってそれまで渡船で本土と結ばれていた角島が陸続きになり、青い海を橋で渡る観光名所が誕生しました。周辺が北長門海岸国定公園に指定されていることがあり、橋や橋脚の高さが抑えられ景観に配慮した構造。それゆえ自家用車等で橋の上を走ると潮風とともに青い海が近くに感じられます。

当初は中間の鳩島に橋脚を建設する案もあったが、景観に配慮してこの形になった

このような好ロケーションが話題を呼び、自動車のCMロケ地としていくつも採用されました。それによって角島大橋が一躍有名になったと言えます。

レクサス・GS450h
三菱・ギャランフォルティス
スズキ・スイフト
日産・ノート

水がきれい、潮通しが良い、海底が白いなど様々な好要因が合わさってコバルトブルーに見える角島の海

どこから向かっても遠いエリアなのでなかなか行くことができない場所ではありますが、訪問する際は晴れが絶対的にお勧め。特に写真を撮ったりするのであれば、到着した時陰っていても太陽が出そうな天候であれば少し待ってでも晴天の下写真を撮ったほうがよいです。

 

角島大橋を訪れたドギー

歩行者向けの橋ではないので渡り口付近をおさんぽ

太陽が出ている時は撮影。陰っている時は橋のたもとをドギーとおさんぽしたりして晴れ間を待ちました。

今回訪れた場所

角島大橋(つのしまおおはし)

日程

令和4年(2022)2月


back

前の画面に戻る

前の画面に戻る

© そらうみ旅犬ものがたり