toggle
2019-08-01

「そらうみ旅犬ものがたり」新ブログに移行します


赤茶色の海水を湛える港(鹿児島県三島村硫黄島)

だんらん旅人宿そらうみ(旧さぬき高松ゲストハウスそらうみ)を始めた年の8月にやってきた、そらうみのドギーこと「旅犬しょう」
令和元年6月27日の北海道上陸をもって、47都道府県を制覇。そらうみにやってきてから3年10ヶ月21日(1,421日)のことでした。これで晴れて「旅犬」と名乗ることができます。

とは言え、我々の本業は 旅人宿でゲストさんをお迎えする「そらうみ駅駅長」「宿守」です。

そんなドギーと宿守(飼主)の暮らしと旅日記を、新しい形に変えて発信していきたい…

どこでもなんでも「一生に一度」の想い


目が覚めるような真っ青な海と断崖絶壁の港(沖縄県北大東村)

もしかしたら「愛犬と一緒に旅がしたい」そう考えている方が、当ブログをご覧頂いている方の中にいるかもしれません。

私自身、そんな想いは漠然とありましたが、犬と旅、ましてや一緒に日本一周までできてしまうとは思いませんでした。

犬を飼っているからって、旅を諦めていませんか?
ワンチャンの年齢や大きさ、性格にもよるのでしょうが、それは勿体ないです。犬と一緒に旅をすれば良いんです!

これからは、そんな夢を持つ方々の指標になることができたら幸いです。

 

フェリー乗船十数時間。絶海の孤島にはよく行きました。

陸続きでは無く 自家用車を持ち込むことができない沖縄県へは、どうやったら行けるのだろう? あれこれ調べましたが対応している国内航空会社さんがあります。

犬の一生の長さを考えたら、どこへ行くのも何をするのも「一生に一度」

そう考えて、常にとびきりの場所へ行き、とびきりの事をやりたいと思っています。

 

うちのドギーにしか経験できないことをたくさん

現時点で到達最高所の1,800m(奈良県十津川村/下北山村)

自分自身登山も好きですが、山でワンチャンと出会ったことがありません。そこも一緒に行こう!

こんな体形のイヌなので、階段やはしごは無理。途中でへこたれるので飼い主のだっこ登山メインですが、それでも一緒に旅ができるのが、とても幸せです。山の旅単体での目標として、できるだけ若く元気なうちに標高2,000m超えを達成したいです。

普通のワンチャンにはなかなかできないことを経験させてやることが、そらうみへ来てくれた感謝のお返しと、自分ができる愛情の形だと考えています。

 

始まりはインスタントラーメンのCM

カヌーも上達しました(高知県いの町仁淀川)

全ての始まりは、ワンチャンを乗せてカヌー旅をするインスタントラーメンのCMを、幼少の頃に見た事でした。

二十代になるまでカヌーをしたことはありませんでしたが、いつかうちに犬が来てくれたらすぐ川へ行けるように。先にカヌーを始めてまずは自分が満足に乗ることができるように練習の日々。全国の川を旅して回りました。

今、ドギーを舳先に。自分がそのコクピットに居ます。自分を物語の主人公にしてくれたドギーには、本当に感謝です。

 

47都道府県制覇、日本一周達成

カムイワッカ湯滝(北海道斜里町)

47都道府県の旅は、

千葉→茨城→北海道

のカウントダウン3になり、無事にやり遂げることができました。

ドギーとの旅でラスト1になった北海道は、昔々自分が高校を卒業した頃。競馬の騎手になるために単身渡った地。

青春時代を過ごした土地が旅のフィナーレになるとは、「二度目の成人式」が近づいている年齢なのに、再び青春時代が訪れたような、そんな懐かしさが嬉しかったです。

そらうみ宿守、本当は冬の北海道が大好きなので、いつかドギーと雪原に繰り出したいです。

 

これからも犬とゲストさんを迎える旅人宿のおはなし。ドギーと宿守の旅のお話。ご期待ください!


関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です