toggle
2021-01-02

活火山に近付くことができる場所<阿蘇山上広場/熊本県阿蘇市>


日本は世界有数の火山大国ですが、今まさに活動中の火山を観光にしている場所が九州熊本にあります。訪れた時が絶賛活動中のタイミングでしたが、入山可能な場所まで行ってみました。

山頂及び噴火口を背景に訪問記念写真

 

阿蘇観光の主要地、だけれど

度重なる噴火活動によって、すっかり降灰を浴びた観光施設

かつてこの場所から阿蘇中岳の火口近くまで行くことができるロープウェイが運行されていました。

昭和33年(1958)4月…開業
平成28年(2016)4月…熊本地震により運休
 同年10月…大規模噴火
平成30年(2018)10月…運行再開断念
令和元年(2019)5月…再建工事開始
 同年12月…建設中止

火口に近付くことができるロープウェイは阿蘇観光の主体事業でもあったため、運休になってから何度も再開が模索されたようですが、結果的に熊本地震が契機となって姿を消したものの一つになってしまいました。

※在りし日の姿は「google earth」や「ストリートビュー」で見ることができます。

火山灰と降雨により荒廃した観光案内看板。よく見ると在りし日のロープウェイが描かれています

以前、旅で訪れた時はもう少しきれいだった印象があるのですが、絶えず火山灰が降る場所なので美観維持は難しいのかもしれません。

道路に降り積もった火山灰

訪れた時は冬期間で、絶賛火山活動中で観光可能な範囲が狭かったこともあってか、観光地としては非常に寂れた状態。こちらとしてはドギーを連れての阿蘇観光なので、他の方々に迷惑をかけることがなく幸いでした。

 

滞在中も容赦なく噴火

せっかくドギーと来ることができたので記念撮影

と思っていたら、背後からモクモク黒い煙…
力強いと言えば最大限に良い表現ですが、あまり長居したいと思える場所ではありません。

山上に見える四角い建造物はかつてのロープウェイ山上駅。何年前か覚えていないですが、あの場所に行ったことがあります。そこから眺める火口は、それはそれは見事な眺望でした。今は…すっかり遠い場所になってしまったように思えます。

火口へ続く有料道路を遮る登山規制ゲート。しばらく閉じられている印象

火山活動が平穏な時はこちらのゲートが開かれ、中岳火口縁へ有料道路経由で行くことができます。徒歩の場合はシャトルバス利用。以前はこの部分をロープウェイでも行き来することができたわけです。

訪れたのは自家用車でドギーは便乗員ですが、見ての通りの路面状態。毛深な彼が火山灰の上を歩かせてしまうと車の中がワヤになってしまいます。終始だっこの阿蘇観光でしたが、活火山(の近くまで)を愛犬と旅することができました。

阿蘇山上広場

 

旅の期間

令和元年12月


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です